menu

歯槽膿漏とは?

歯周病は歯槽膿漏・歯肉炎の総称であり、歯周病の原因は歯垢です。 歯垢とは、歯の表面に付着した粘着性の物質で、バクテリアの作った膜や食べかす等が含まれます。

出血は、歯槽膿漏のサインの1つ

  • 1.歯肉炎


  • 2.歯槽膿漏


  • 3.重度歯槽膿漏


歯肉炎

蓄積したバクテリア(歯垢)によって、歯ぐきは赤く炎症を起こし、出血しやすくなります。

歯槽膿漏

歯垢は取り除かないと増殖し、歯ぐきの組織が冒されて歯周ポケットの形成が始まります。 その状態で放置しておくと、炎症は歯を支えている歯槽骨にまで広がり、最終的には歯を失う原因となり得ます。
歯槽膿漏が進行すると元には戻りませんので、できる限り早く歯科医院で治療し、進行を止めなければなりません。

重度歯槽膿漏

バクテリアが常に存在することで重度歯槽膿漏へと発展すると、炎症は歯を支えている歯槽骨にまで広がり、 歯ぐきがさらに後退して、歯がぐらぐらしてきます。そのまま放置すると、最終的には歯を失うことになります。